マークボランのギター、アンプ・エフェクター

●アーティストが使用した機材 ギターアンプ・エフェクター【 Marc Bolan 】マーク・ボランが使用した機材 ギターアンプ・エフェクターなどを徹底分析。

■アーティスト/バンド名
マークボラン/ Marc Bolan



日本一安い楽器屋さんのTレックスの機材、最新現行版の特集

●マーク・ボラン、本名はマーク・フェルド。1947年ロンドン生まれ。ボランBolanは、Bob Dylanを短縮したものなんだそうです。へぇ~~

彼も若い時に、29歳でこの世を去っているんです。
年代
1970~

Tレックス、マークボランのギターサウンドで有名なものと言えば、やはり「20センチュリー・ボーイ」のガーッ!ガーッ!でしょう。


この曲のギターサウンドを出したいと思うのは、もう当然のことでしょう。

マークボランを知らなかった方々も、漫画「20世紀少年」の映画が流行ったおかげでお馴染みになりましたもんね。

ただのEのコードなのに、なんであんな音がでるの?どうやったら?機材は?アンプは?

ということで調べてみました。


「20th Century Boy」のあのリフのあの音。


この「電気の武者」のアルバムジャケット



こちらにも映っているのは「Vampower/バンプパワー」というギターアンプ。


これであのサウンドが出せるのか?


しかし、このアンプを実際に使っている時期はとても短かったらしいです。

またご存じの方も多いですが、ただこの曲「20th Century Boy」、実は日本の東芝EMIスタジオで録音されたのです。

が、その来日時にボランはアンプは持ってきていないようなので、当時東芝スタジオにVampowerが置いてあったのか、それはちょっと疑問ですよね。なので調達したアンプかもしれません。


しかし

そのこのバンプパワーのあとに使用し出したアンプ。HH Electronics(Head & Heart)というアンプブランドの「IC100」は亡くなるまでずっと使い続けていたようです。


このHH Electronicsのアンプは、日本では聞き慣れないですが、イギリスでは、ポピュラーなアンプで、70年代の初期には色々なギタリストが使っていたようで、このアンプと言えば「マーク・ボラン」が代表だそうです。


IC100は、このブランドの始めてのギターアンプで1971年に発売され、このアンプは、真空管ではなく、トランジスタとICで構成されているとの事です。

その時期には、本格的なアンプと言ったら真空管。

真空管のアンプは大きくて重くて非常に運搬が面倒くさい。しかしこのIC100はヘッドは薄くて、軽く、持ち運びにとても楽だったそうです。


なので日本に持ってきて録音しててもおかしくはないですよね。

まぁキャビネットは何を使うかでギターサウンドはそれぞれ変わってしまいますが。


日本一のマーク・ボラン・フリークと知られる元マルコシアス・バンプのアキマツネオ氏。

アキマツネオ氏は、この Vamp Power のコレクターだそうです。

もしかしたら マルコシアス・バンプというバンド名も、それに由来しているのかもしれませんね。

以前ここでマークボランのアンプが売ってました。


※上記デザインのエフェクター、アンプは、色・形など実物のデザインと多少異なります。

●エリック・クラプトン、ジミヘン、スティーヴィーレイヴォ-ン等のギター/アーティストモデル一覧





●現行モデル / 復刻モデル など

楽天でVampowerを探す

楽天でHH Electronics IC100 を探す


UNIVOX UNI-VIBE / Univox Uni-vibe
空間系エフェクター。オリジナルは「Shin-eiシンエイ」という日本のメーカーの輸出用製品で、元々はシンエイがUNIVOXのユニコードオルガンのために製作したレスリーシュミレートエフェクターと言われています。

このUNIVOXのユニヴァイブ、1969年ウッドストックでジミ・ヘンドリックスが使用。

一度使ってみたいですが、レアすぎて入手困難。
オークションでも見かけなくなりました。

ヴィンテージギターショー等で見られるUni Vibeは700ドルを下回ることは無いとか、1,200ドルにも届く勢いで高騰しているそうです。

現在のユニバイブはコレ → サイケデリックエフェクター ダンロップのUNI-VIBE






秘伝のエレキギター良い音太い音の作り方



●エリック・ジョンソン、レニー・クラビッツなどの使用により、一気にスタンダードとなった、ローノイズで力強い注目のワウ。レビューを見る

あのミュージシャンも使用してる憧れのビンテージギター



●John Hornby Skewes Treble Booster
オリジナルモデルは、かつてブラックモアのサウンドを支えたブーストとしても知られています。

このブースターと同じ回路は、ボランの足元にも置かれた「Hornby Skewes Shatterbox」のブーストセクションにも使用されていました。

●当サイトの情報内容は、管理人が音楽雑誌等を参考に調べたものであり、このアーティスト達が、現在も同じ機材・セッティングをしてる保証はございません。

年代 スタジオ ライブやレコーディングにより、現在の使用機材は異なっている場合もありますのでヨロシクです。

●当サイトは、ユーザーの皆様が当ページへアクセスし利用したことにより発生する直接的および間接的損害に関し、一切の責任を負いかねます。




●hyde、GACKT、鬼龍院翔、ダレノガレ明美ら愛用。
映画『クローズZERO』『ドロップ』衣裳製作を提供したり、GACKT氏とのコラボレーション、VAMPSのHYDE氏とのコラボレーションTシャツも。多数のミュージシャンやタレントが愛用のRoen(ロエン)


●ミックジャガー、エアロのスティーブン・タイラー、ガンズのスラッシュ、マリリンマンソンからマドンナも愛用している シルバーアクセサリー、ジュエリー

inserted by FC2 system